更年期に向けての心構え

「元に戻そう」ではなく
「上手に対処する」ことが大事

更年期と聞いて、症状が出る前から不安に思う方も多いかもしれません。しかし、更年期の症状は、健康だからこそ起きます。不定愁訴と呼ばれる不快な症状は、加齢変化によって生じる心身の正常な反応なのです。
不快な症状が出はじめると、どうしても元の状態に戻そうと考えがちですが、正常な加齢変化ですので元に戻そうと焦るのではなく、「どのように順応していくべきか」と前向きに考えるようにしましょう。
プレ更年期ごろから、女性はこの心身の変化や不調と付き合っていくことになるので、その付き合い方によって、その後の健康状態が左右されるといっても過言ではありません。これまでの元の自分を基準にした「戻そう」という考え方よりも、不調が悪化せず、少しでも軽減できるよう「上手に対処する」という考え方にシフトした方が、その後の人生がより快適なものになっていきます。