疲れ、だるさ、倦怠感

こんな症状ありませんか?

  • ・疲れやすくなった
  • ・寝ても疲れがとれない
  • ・朝から何となくだるい
  • ・からだが重い
  • ・やる気が起きない

「仕事が終わると疲れ果てて何もできなくなる」、「以前のようにサクサク仕事がこなせない」、「朝からからだが重だるくて、やる気が出ない」。更年期の女性の多くが経験し、感じている症状です。

更年期の疲れやだるさは、女性ホルモンの急激な低下によって自律神経が不安定になることで疲れやすくなり、慢性的な疲労感を覚えることが多くなります。睡眠不足も日中の疲労感の原因になります。それらと同時に、精神的な要因も大きいようです。体力は低下しているのに、やらなければならない仕事や責任が増え、気持ちがあせり、疲労感がつのる。それでも家事や仕事は待ってくれない……。
更年期は一時的なものと考えましょう。「時期がくればまた元気になる」と気長に気楽に割り切って、思い切って休むのがよいでしょう。

更年期に気を付けたいこと

この時期にはさまざまな症状が現れるために、そのすべてが更年期によるものと決めつけてしまいがちです。じつは別の病気だったということもありますから、からだや心の不調を感じたら、まず更年期によるものかどうかを確認することが大切です。

更年期症状の対策

更年期の症状は非常に多彩で、日によって症状がコロコロ変わったり、いくつもの症状が重なって起こったりしますが、原因はすべて同じです。
卵巣機能の低下から女性ホルモンの急激な分泌量低下による自律神経の乱れで起こるのです。
一つ一つの症状に対しては対症療法を行います。(冷えには手足を温めるような冷え対策、頭痛には鎮痛薬を服用するなど)さらに自律神経のバランスを整えることを心がけ、常にリラックスした状態を意識します。
また、この時期に一番大切なのは、日常生活の改善、つまり食事、運動、休息といった基本的なことがとても重要です。
今までの生活を振りかえり、生活習慣を改善しましょう。
更年期からのセルフケアはこちら>>