ルビーナ効果(臨床試験で確認)

効き目の感じ方はひとそれぞれですが、「ルビーナ」の効果は臨床試験で確認されています。医師の診断のもと、更年期障害などによる症状のある方に服用いただき、効果やからだへの影響について臨床試験を行った結果は以下の通りです。

ルビーナ効果1

更年期障害などによるほてり、のぼせ、冷え症など12の症状において効果が確認されています。

※1 改善例数 = 「著効」と「有効」と「やや有効」の例数
対象者
更年期障害および類似の症状を示す患者231例(効果判定229例)
実施医療機関
8施設
投与方法
用法・用量どおり、平均35日間服用

副作用
231例中9例に認められました。5例は服用を中止するほどでもない軽度のため継続して服用。
4例は服用中止により症状は消失しています。
(悪心・嘔吐3例、および悪心、胃部膨満感、胃痛、鼓腸、腹痛・薬疹、食欲不振 各1例)
※消化管にガスが充満した感覚のことで、腹痛と腹部膨満をともなう。

(出典:医薬品製造承認申請資料)

ルビーナ効果2

1週間の服用で79.2%※2、3週間の服用で95.4%※3の改善率が認められました。
※2 有効、やや有効を合算した数値
※3 著効、有効、やや有効を合算した数値

対象者
更年期障害および類似の症状を示す患者24例
実施医療機関
1施設(週別の改善率を確認したもの)
投与方法
用法・用量どおり

副作用
特に認められませんでした。

(出典:医薬品製造承認申請資料)